自然情報」カテゴリーアーカイブ

【開催報告】7/8イベント「甲山のしぜんであそぼう」

夏本番!暑くなってきましたね。
甲山森林公園も、セミたちの声で毎日にぎやかです。

あっつい7月の土曜日、
イベント「甲山の自然であそぼう!」を開催しました。

5月に開催した春版に引き続き、今回は、夏のしぜんを楽しむ夏版!

今回はどんな季節のしぜんに出会えたでしょうか?

案内役は、野遊び研究家・山崎春人さん。通称、マリオ。

じめっと暑いこんな日は、キノコ祭りな園内!

ここにも。

あそこにも。

こんなのも!

最初は、マリオに先に発見されてしまっていたのに、
だんだんと「キノコ目」になってきたみなさん、
マリオよりも早く見つけられるようになっていきました。

今の時期、まん丸白いホコリタケの中は、
意外にも!?ふっわふわ!頬ずりしたくなるくらいです。

カキノキの実もだいぶ大きくなりました。

カキノキの葉っぱの着物を着たお人形。

こどもも、おとなも、葉っぱをとって人形づくりに挑戦!

 

マリオとすこし散策するだけでも、自然あそびの小ネタが飛び出します。

爪磨きできる葉っぱで、毛づくろい。。
じゃなかった。身だしなみを整える。

ヤブツバキの葉っぱをブーブー笛にしたり。

シロツメクサのブレスレットや指輪をプレゼントし合いっこ。

この日は、本当に蒸し蒸し暑くって、
シンボルゾーンの噴水がみえたとき、
「水だー!」と、うれしくなって子どもたちは走っていっていました。

噴水の水の中には、水生昆虫も泳いでいました。涼しげ〜。

最後のお楽しみ、お土産づくり。
今日は、フォトフレームを手作りしました。
木の枝と輪ゴムだけで、あっという間にかわいいフレームが出来上がり!

お気に入りの葉っぱを、今日の思い出とともにラミネートして仕上げました。

春、夏、に続き、次回秋版は、10月14日(土)に開催予定。

9月頃から受付開始しますので、ぜひ、公園ブログなどご確認くださいね。

子どもも、おとなも、親子でも、ひとりでも、大歓迎!
みんなで季節のしぜんであそびましょー!
ご一緒できる日を楽しみにしています。

 

甲山自然発掘隊 @トライやるウィーク(遊具点検編)

昨日に引き続き、職場体験中の中学生スタッフによるブログ記事です。

書き手代わります。どうぞ!


こんにちは!ただいまトライやる・ウィーク活動中の甲陵中です!
昨日に引き続き、今日もブログを書かせていただきます。

今日は朝から雨が降っていましたが、私たちが事務所に着くことには止んでいました。
まだジメジメとしていましたが、今日は遊具点検です!

一つひとつ遊具をまわって、故障していないか点検します。
大勢の人が利用するので、作業は慎重に、です。

遊具を金づちで叩いたり、根元を掘って、木が腐っていないか調べます。

利用する人は幅広いので、あらゆる状況を想定します。
「うんてい」の場合は、金属の棒が回らないか、実際にさわります。

雨あがりだと、手がびしょびしょになります・・・。冷たい!

女子2人で遊具点検をしていたとき、見つけたのはこの遊具!

体の柔らかさから年齢が分かるというものです。

いざ、やってみよう!

40代と、50代・・・

そして、同じ場所であるものを見つけました。

遊具をくねくねとはっているのはケムシ!
チョウかガかは、イマイチ分かりません。

とっても自然が身近に感じられますね!

ここでの仕事は初めてのことばかりでいい経験になりました。

残り1日ですが頑張ります!

甲山自然発掘隊!@トライやるウィーク

先週に引き続き、
甲山森林公園ではトライやるウィークの中学生スタッフが活躍中です。
今日は、ブログを書いてくださいました。

では、書き手を代わります。どうぞ!


こんにちは!私たちは甲陵中学校69期生です!
5/22-5/26の間、ここ甲山森林公園にお世話になっています。

毎日、少しずつ仕事を教わっています。
そんななか、水曜日は、先週の上ヶ原中学校のみなさんと同じく、樹名札調査へ行ってきました!

園内にたくさんかかっている樹名札。
名前だけ書いてある札もあれば、「この木・なんの木」というクイズ形式の札もあります。

私たちは、名前だけ書いてある札の調査をしました。
なんと、園内には100種類以上の樹名札があるんですよ!
ぜひみなさんも探してみてくださいね。

・・・そんななか、私たちが樹名札調査を行っていると、
「ハゼノキ」と「ヤマウルシ」を発見。

後で、職員さんに聞いてみると、
なんと!体質にもよりますが、手がかぶれたりしてしまうそうです。
森林浴など、緑がきれいなこの季節。
森あそびなどをするときは、十分気をつけて下さいね!
もし触ってしまった場合は、水でよく洗い流しましょう。

 

そして。
23日は、「森のようちえん くるみ」のみんなと一緒に、プランターに花を植えました。
この花は、22日に、私たちと管理事務所のみなさんで、ホームセンターで買ってきたものです。

私たちの4人中3人は、花植え初体験!
それなのに、3才児のみんなの花植えのお手伝いです。
ちゃんと教えられるのか不安でしたが、
経験豊富な幼稚園児さんたちと、4才児・5才児のみんなの応援で上手くできました!

すぐに理解して、パパッと植え始める姿は、とても頼もしかったです。
3才児のみんなは全員で6人。
そのうちの3人には、車の形のプランターに土を入れる作業からしてもらいました。

綺麗なお花が寒くならないように、土にお布団をやさしくかけて完成です^^

協力して上手に植えることができました。
4才・5才児のみんなも応援ありがとう!

森のようちえん くるみのみんなとのプランターへの花植え作業を終えたら、
次は、正面入口にある花壇に花植えです。
合計50株以上もの花苗を植えました。

さっそく花植えーー・・・とはいかず、
まずは、球根や雑草抜きから。

この日は、太陽の日差しがきつくて、終わったころには汗でびっしょり。
屋外活動に帽子は欠かせませんね!

花壇の整備を40分ほど行い、ついに花植えです。

まず、買ってきた花苗をポットごとに並べて、どんなふうに植えるのか考えます。
班長がリードして決めていってくれて、思いのほかスムーズに決まりました。

いったん離れてみてみるとーー

あれっ!?ごちゃごちゃしてるなぁ。

なんでも、色がいろんなところに散らばっていて統一感がなかったのです。

ムムム・・・困ったなぁ、と思っていると、ここでまた班長!

「こっちをそっちにして、これをこっちに・・・」

頼りになります。
班長のおかげで、綺麗な花壇になりました。

赤色から紫まで、色とりどりの花壇になりました。
花たちもこれからは、甲山森林公園の看板娘です。ようこそ!

そして、花壇のすみにチョコッと「おじぎ草」があります。

おじぎ草とは何か、知っていますか?
おじぎ草を指でやさしく触ると、おじぎをするかのように茎が曲がります。
ぜひ触ってみてください。

さて、だんだん気温が上がり、夏に近づいていってますね。
甲山森林公園内の梅林でウメの実を見つけました。
まだまだ青いですが、ふっくらとした実です。

赤く熟れるのが楽しみです!

貴重な体験をできて充実した3日間を過ごせました。
あと2日間、頑張ります!

野生動物は野生のままに!

青々としたみどりが広がる甲山森林公園、
梅雨シーズンに向けて、白い花が目立ってきました。

そんな5月は、トライやるウィーク月間でもあります。

公園近隣の中学生が、甲山森林公園へ職場体験にやってきます。

今週は、上ヶ原中学校の生徒さん5名が活躍中。

公園の仕事は多岐に渡るため、1週間で公園業務を理解するのは難しいと思いますが、
園内の樹木剪定や草刈り、巡回、イベント業務、教材作成に関わる業務など、
毎日いろいろな種類の業務を、少しずつ体験していただいています。

本日水曜日は、園内の樹木にかけられた「樹名板」の調査。
園内をくまなく歩き、
樹名板の設置状況を点検していただく、地味だけれど大事な仕事にチャレンジ。

時に、壊れていたり、紛失していたり、
異なる樹木に付け替えられていたり、樹木そのものがなくなっていたり、、
自然の中ではいろんなことが起こりますので、
定期的な点検業務は大切な仕事のひとつなのです。

そんな園内調査のなか、
中学生スタッフのみなさんは、不審な段ボール箱を発見されました。

その中身は・・・

カラスのこども!
(正確には、ハシボソカラス)

生きもの好きな中学生たち、
「どうすればいいですか??」と興奮ぎみに報告をいただいたのですが、、
公園スタッフとしては、つらい返答をしないといけません。

「ほうっておくしかありません」

野生動物は、野生のままに。
それが、人が野生動物とつきあうための第一のルールです。

親鳥の代わりになり、
野生に返すことができない以上、
「かわいそうだから」と、安易に人が野生動物に手を出しては、
かえって、野生動物の生きる道を閉ざすことになってしまいます。

野生の幼鳥が、なんらかの事情で巣から落ちた場合、
(または、巣立ち前で巣から落ちているようにみえる場合、)
親鳥がそばで見守っていることが多いのですが、
今回の場合は、残念ながら、
カラスの雛を、丁寧に段ボール箱に入れて、誰かがどこか別の場所から移動させた様子。

親鳥がこどもを迎えにくる確率は低いのですが、
公園スタッフが、中学生スタッフと共に、
段ボール箱から子カラスを出し、自然の中へと戻しました。
生き残れるよう、一縷の望みをもって…

野生動物は野生のままに。
どうか、野鳥をはじめ、野生動物のこどもをみかけても、
そのままそっと見守ってください。

野生動物とのつきあい方を伝えていくのも、公園スタッフの仕事のひとつです。
中学生スタッフのみなさんにも、
今回の経験を周りの人たちに伝えてくれるといいなと願います。

【開催報告】ちびっこ親子対象イベント第2弾!

本日快晴!の甲山森林公園。

20161126k

例年よりも紅葉が早く、だいぶ散ってしまいましたが、気持ちのいい秋晴れ。
朝から多くの方でにぎわっています。

20161126a

ふかふか落ち葉のじゅうたん~!!

こんなステキな秋の日に、ちびっこ親子を対象とした自然あそびイベントを開催しました。

今回は、西宮市で広くご活躍のNPO法人こども環境活動支援協会より小川さんをお招きして、親子で自然のつながりを体験しに、甲山森林公園の森を歩きました。

20161126b

生きもののぬいぐるみたちと一緒にみんなをお迎え。
この生きものたちの間にも、” しぜんのつながり ” が隠れていますよ。

甲山をのぞむシンボルゾーンめざして、レッツゴー!

20161126e 20161126g 20161126f

足元に落ちてるどんぐりや葉っぱを集めながら・・・

20161126h

すべり台みたいな坂も、親子で気を付けながら下ります。
六甲山系を形作る石は花崗岩。とってもすべりやすいのです。

20161126i

上を見あげたら・・・

20161126j

カキの実!
ちょうど、メジロさんが食べにきました。

小川さんから生きものたちのつながりのお話をきいたり、いろんなものを自分でみつけたりして、
スタンプを集めていきます。

20161126l

プチ山登りにもチャレンジ。

20161126m

階段をのぼりきったら・・・海がみえる場所にでました。

20161126n

小さな子どもたちも自分でがんばって歩いて、全員無事シンボルゾーンに到着!

20161126o

歩きながら集めた葉っぱなどを貼りつけて、おみやげづくりもしました。

20161126q

穏やかで、本当に気持ちのいいお天気のなか、
お父さん、お母さん、ちびっこたちと、ワイワイ歩けた楽しい一日でした。

また異なる自然に出会いに、季節を変えて遊びにきてくださいね。

ご一緒してくださったみなさん、小川さん他スタッフのみなさん、ありがとうございました。

20161126p