野生動物は野生のままに!

青々としたみどりが広がる甲山森林公園、
梅雨シーズンに向けて、白い花が目立ってきました。

そんな5月は、トライやるウィーク月間でもあります。

公園近隣の中学生が、甲山森林公園へ職場体験にやってきます。

今週は、上ヶ原中学校の生徒さん5名が活躍中。

公園の仕事は多岐に渡るため、1週間で公園業務を理解するのは難しいと思いますが、
園内の樹木剪定や草刈り、巡回、イベント業務、教材作成に関わる業務など、
毎日いろいろな種類の業務を、少しずつ体験していただいています。

本日水曜日は、園内の樹木にかけられた「樹名板」の調査。
園内をくまなく歩き、
樹名板の設置状況を点検していただく、地味だけれど大事な仕事にチャレンジ。

時に、壊れていたり、紛失していたり、
異なる樹木に付け替えられていたり、樹木そのものがなくなっていたり、、
自然の中ではいろんなことが起こりますので、
定期的な点検業務は大切な仕事のひとつなのです。

そんな園内調査のなか、
中学生スタッフのみなさんは、不審な段ボール箱を発見されました。

その中身は・・・

カラスのこども!
(正確には、ハシボソカラス)

生きもの好きな中学生たち、
「どうすればいいですか??」と興奮ぎみに報告をいただいたのですが、、
公園スタッフとしては、つらい返答をしないといけません。

「ほうっておくしかありません」

野生動物は、野生のままに。
それが、人が野生動物とつきあうための第一のルールです。

親鳥の代わりになり、
野生に返すことができない以上、
「かわいそうだから」と、安易に人が野生動物に手を出しては、
かえって、野生動物の生きる道を閉ざすことになってしまいます。

野生の幼鳥が、なんらかの事情で巣から落ちた場合、
(または、巣立ち前で巣から落ちているようにみえる場合、)
親鳥がそばで見守っていることが多いのですが、
今回の場合は、残念ながら、
カラスの雛を、丁寧に段ボール箱に入れて、誰かがどこか別の場所から移動させた様子。

親鳥がこどもを迎えにくる確率は低いのですが、
公園スタッフが、中学生スタッフと共に、
段ボール箱から子カラスを出し、自然の中へと戻しました。
生き残れるよう、一縷の望みをもって…

野生動物は野生のままに。
どうか、野鳥をはじめ、野生動物のこどもをみかけても、
そのままそっと見守ってください。

野生動物とのつきあい方を伝えていくのも、公園スタッフの仕事のひとつです。
中学生スタッフのみなさんにも、
今回の経験を周りの人たちに伝えてくれるといいなと願います。

【開催報告】5/6イベント「甲山のしぜんであそぼう!」

ゴールデンウィークも終盤、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

甲山森林公園は山笑う季節。
淡い色から濃い色まで、いろいろ“みどり”の色を楽しめる時期です。

本日5月6日には、
野遊び研究家・山崎春人さんをお招きして、
イベント「甲山のしぜんであそぼう!」を開催しました。

甲山森林公園は、
小さな子どもたちのいるご家族にも、公園で自然を楽しんでいただけるように、ちびっこ親子向けのイベント企画も増やしていきたいと思っています。

今回も、たくさんのちびっこ家族にお集まりいただきました。ありがとうございます!

朝、集まってこられた方々は、
山崎さん(通称:マリオ)からなにやらもらって、プープーと音を鳴らし始めました。
おとなも、ちびっこたちも。

音の正体は、これ。

イタドリ。

今の時期、大きく育っているのをよく見かけますね。

笛にもなるし、食べられます! <<ここ、重要!

 

しぜんの中には宝物がいっぱい!
公園事務所まわりをほんの少し歩くだけで、笛になる植物はすぐにみつかります。

マリオに、音のなる植物と、それぞれのやり方を習って、

それぞれ、プープーピーピー。

みんな、かなり上手!

さわるとちょっと危険(かもしれない)植物についても教わります。

危険なものもあるけれど、
おそれてばかりいずに、いろいろさわってみるのも楽しい。

見た目はなやかなピンク色の花。

さわってみると・・・

にちゃにちゃもちもち。

あそんだり、さわったり、食べてみたり、

植物の名前はすぐにおぼえられなくても、
公園をちょこっと歩くだけで、
草や葉っぱ、樹木のことを、みんなたくさん知りました。

最後に、今日の思い出のお土産づくり。

マリオのお家近くから持ってきてくださったコナラの枝を使って、キーホルダーを作りました。

枝の出っ張りを鼻に見立てて・・・

完成!

えんぴつもできた!

 

次回の「甲山のしぜんであそぼう!」は、7月8日(土)開催予定。

ぐぐーんと夏らしくなってる時期、どんなしぜんに出会えるでしょう?

その季節にしか出会えないしぜんと遊びに、
おとなも、こどもも、ぜひお運びくださいませ!

参加受付は6月上旬頃からになると思いますので、
公園ウェブサイトや季刊誌(かぶにゅー)をチェックしておいてくださいねー。

ただいま参加受付中の公園イベントはこちらをチェック!>>

はるまつり2017終了!&第3回おもいで写真入選作品発表

春分が過ぎ、すっかり春を感じる日差しになりました。

ご報告遅くなりました。
先週末開催の「はるまつり2017」晴天のもと無事に終了しました。

お越しくださったみなさま、ありがとうございました。
ご来園のみなさまと、出店ご協力いただいたみなさまと、
数多くの方々とご一緒できて、とても楽しい、充実した初春の一日でした。

今年は、シンボルゾーンを中心に出店ブースを構えました。

多くの団体様のご協力のもと、例年よりも多様な体験メニューを充実させ、

食べもの屋さんの出店も増えました。

来年2018年も、3月の同じ時期の開催を予定していますので、
また来年お会いできることを心待ちにしております!


さてさて。
ひっそりと(?)募集しておりました「第3回おもいで写真」、
選考を終え、ただいまフォトブックを印刷注文中です。
ご応募いただいたみなさま、ありがとうございます!

【かぶにゅー賞(春)】


「大きな木、安心できる場所」(森のようちえん さんぽみち 野沢さん撮影)

【かぶにゅー賞(夏)】


「にらめっこしましょ!セミさん!」(森のようちえん さんぽみち 拝郷さん撮影)

【かぶにゅー賞(秋)】


「ステキなメガネでしょ♪」(森のようちえん さんぽみち 石田さん撮影)

【かぶにゅー賞(冬)】

 


「お散歩の後の一休み」(髙崎さん撮影)

【おもいで賞】※順不同


「ともだちですか?みんなともだちです!」(藤重さん撮影)


「台風一過」(藤井さん撮影)


「みくるま池と紅葉」(浜田さん撮影)


「紅葉に照らされる犬と少女」(浜田さん撮影)


「どろあそびたのしーい!!」(森のようちえん さんぽみち 鈴木さん撮影)


「わたしのお手てステキでしょ☆」(森のようちえん さんぽみち 岡野さん撮影)


「森にでかける前」(森のようちえん さんぽみち 鈴木さん撮影)


「ひみつの場所でひみつのお話し☆」(森のようちえん さんぽみち 拝郷さん撮影)


「葉っぱが見てる☆」(森のようちえん さんぽみち 野沢さん撮影)


「葉っぱのシャワーだ!ワーイ!」(森のようちえん さんぽみち 石田さん撮影)


「かぶにゅー賞」の作品は、イベント情報季刊誌「かぶにゅー」表紙に掲載させていただきます。

入選されたみなさまへは、フォトブックを4月上旬にお届けします。
お待たせしており申し訳ありません。

管理事務所にも見本のフォトブックを置いていますので、公園にお越しの際はぜひご覧くださいませ!

 

3/12(日)はるまつり出店情報!(その3)

3月12日(日)はるまつり 出店情報(その3)【いろいろ体験編】です。

出店情報(その1)(その2)は、このページの下へスクロールしてご覧ください。

はるまつりフライヤーはこちら。

最後にご紹介する出店ブースは「農とくらし・環境をつなぐサポーターズ(農サポ)」さんです。

甲山森林公園の近くには農サポさんの畑があり、農業塾を開催されています。

どんな方が、なにを育てているのかなぁ…と、公園スタッフも興味津々でいたところ、今回、はるまつりにてブースを出していただくことに!

 

「農とくらし・環境をつなぐサポーターズ(農サポ)」は・・・
「甲山を望む農地で野菜やお米づくりを通して、農とくらしと環境のつながりを学んだメンバーが、持続可能なまちづくりに向けて、西宮の里地里山の保全活動、食育活動、子どもたちや地域の人との交流などをおこなっています。」
ブログはこちら。

   

はるまつりでは、田んぼの稲わらと、畑で作られている腐葉土を活かして、2種類の体験プログラムをご用意いただいています。

「わらで作ろう!ミニリース」


農地で育てた稲のわらで縄を作って、輪にして、木の実や葉っぱを付けて、自分だけのリースを作ろう!
11時から受付開始・先着20輪(100円)

「ECOミニ畑で野菜作りに挑戦!」


ペットボトルや牛乳パックが小さな畑に大変身!
野菜の種を植えて、芽が出て、大きくなっていく様子を毎日おうちの中で楽しめます。自分で育てたお野菜はおいしいよ!
11時から受付開始・先着30畑(100円)

2017年度の農業塾の塾生も募集されていますので、ご関心ある方はブースのスタッフさんらにぜひ話しかけてみてください。


紹介しきれなかった情報は、フライヤーをご確認ください。

はるまつり限定・乗り合い無料タクシーもありますので、ぜひご利用ください。

3月12日(日)10時から、甲山森林公園シンボルゾーン周辺(噴水の周り)が主な会場です。

スタッフ一同お待ちしておりまーす!

3/12(日)はるまつり出店情報!(その2)

3月12日(日)開催 はるまつり in 甲山森林公園、出店情報(その2)【いろいろ体験編】です。

出店情報(その1)【食べもの編】は、このページの下へスクロールしてご覧ください。

はるまつりフライヤーはこちら。

はるまつり開催中10時から16時の間、園内の会場にていろいろな体験プログラムがあります。

親子で遊ぶのはもちろん、ひとりでも、おとなもこどもも、
きっと何かしら楽しめる!(はず!)

昨年から引き続き・・・

・ア・リトル さん

   
さまざまなプログラムをご用意いただいていて、昨年も、お母さんはもちろん、お父さんにも人気でした!
バスボム作りワークショップ、防災ポシェット作りワークショップ(500円)、アロママッサージ、レイキ、青空絵本ライブ、青空ヨガ(14:30-15:00)など。

・Hand made shop ちくちく さん

布雑貨、手編み小物、アクセサリーなど、かわいい小物がたくさんあります。
今年は、ハンドメイド・ワークショップ「はぎれであそぼう!」(100円~)にて、写真のミノムシ君などを作れるらしい!

・かざぐるまをつくろう!コーナー


公園のお近くにお住まいの清水さんのブース。かざぐるまを無料で手作りできます。

その他、
・「ノコギリつかって丸太切り体験」(森林ボランティアKSC)
・野鳥なんでも相談コーナー(飯田さん他)
・吹き矢で的当てゲーム(ノルディックウォークの先生・藤川さん他)
・多肉植物の販売&寄せ植えコーナー(公園スタッフ)
・森あそびひろば(ブランコ・ハンモックなど)
・わくわく工作ひろば(かぶと折り紙、たたき染め、カードづくりなど)

・・・昨年から引き続きの体験プログラムも盛りだくさんです。

今年の新しい体験ブースは、あと5ブース。

・ミニチュアガーデンをつくろう(兵庫県名勝部門ヘリテージマネージャー連絡会)
箱庭のようなミニチュアガーデン作りにチャレンジ!
10時から先着順で受け付けます(整理券配布)。
(詳細は、フライヤーをご覧ください。)

・ロープで木登り!ツリーイング体験(寺本さん他)
ロープを使った木登り体験。
午前の部は10時から、午後の部は12時半から受付開始。(定員になり次第受付終了)
1000円/人(約50分間)←はるまつり特別価格です!

・パフォーマーひろゆき バルーンショップ
ペンシルバルーンで作った作品を、くじ引き形式で販売します。1回100円。外れでも景品あり。

・フェルミナータ
ぷよぷよすくいに、くじ引き。楽しい縁日広場です。遊びに来てくださいね♪(200円/回)

あともう1ブースは「農サポ」さん。

長くなるので、出店情報(その3)に続きます!